うなぎのエサ

 

えさの名称

採取場所&仕入れ先

写真

ドバミミズ

泥みみず、(香川)だいこくみみず(名古屋)

うなぎのエサでドバみみずが一番使われているエサです。

(どばみみずの捕れる場所:山のすそで落ち葉がたまって湿気ているとろ、田んぼや神社で草を刈って山の盛っているとみみずが集って来る、また高速道路の側道の溝のなかで泥や落ち葉が溜っている所など) 

しまミミズ 

--

どじょう

(うなたろうさんよりどじょうの付け方:私の場合は鼻先にチョンがけします。尻にチョンがけすると結構暴れて糸がよれることが多いもので。あと、尻がけする場合は、背骨を傷つけると翌朝死んでいる事が多いです。)

本ムシ(マムシ)

--

青ゴカイ(アオイソメ)

--

赤ゴカイ

--

水ゴカイ

『鯉勝』より画像提供2003/8/30

カメジャコ、別名アナジャコ

名古屋や瀬戸内で使われている(鯉勝さんより名古屋)

ヒル(愛媛県)

(愛媛県東予の人はヒルでうなぎ釣りに来ている、柔らかいので食いが良いらしい。ヒルの捕れる場所:川の泥の中)

小さめのアユ.アユの切り身

『カツラ落下』(富山県)『川漁師見習い』(愛媛県南予)

ホタル烏賊

『トモエ』2004/7/31

アゲマキ(細長い貝)やゴカイ

『うなぎ釣りは引きまっせ』さんより

クロクチ貝

『トモエ』さん丹後

アケミ貝

『まさ』さんより三重県

平貝

『川男 』さんょり宮城県

ムラサキイガイ

半助豆腐 さんより

ドバミミズかドジョウ、ザリガニ(うなたろうさんより)

どじょうの付け方 投稿者:うなたろう 投稿日:2002/07/06(Sat) 21:57 私の場合は鼻先にチョンがけします。尻にチョンがけすると結構暴れて糸がよれることが多いもので。あと、尻がけする場合は、背骨を傷つけると翌朝死んでいる事が多いです。

ドジョウは、頭部と背鰭の間から横から、カエシが出るまで刺します。針はウナギ針で無いと具合が悪いので注意が必要です。(GUUさんより

テナガエビ(うなたろうさんより)

テナガエビは全国的にうなぎのエサです。

オキアミでかご釣り

『五目釣師』さん九州

カゴ釣りで、ウキだけを電光ウキに替え、タナは錘が底を這うくらいに調整して(その時点で上げ潮の6部くらい。水深はわずか1m程度)螺旋カゴにアミ+パン粉+集魚剤を混ぜた撒き餌を詰めて、いざ投入!そのまま電 光ウキうを眺め、小雨に濡れながら待つこと5分くらい・・・・ス〜〜〜ッ!と水中に引き込まれた電光ウキがそのまま水中.....、なんと!86尾!!!の大漁でした。2002/7/26

ユムシ、コウジ

『うなわのふ〜』より香川県

テジロ、別名ボケ

『うなわのふ〜』より香川県

ハゼ

『にゃま』さんより:鳥取県 2003/6/8

イワシやサバや小さめのイカ(うなわのふ〜より香川)

管理人『うなわのふ〜』より

トリビア@へ〜〜 !さんより( 2004/01/21(Wed))

島でもウナギの餌はミミズが定番でした。しかし、ゴカイ、マムシはもちろん、イカナゴがあるときはイカナゴで、ママカリがあればママカリで、釣っていました。磯の小さな巻貝を割って身を取り出して釣ったり、アサリの身で釣ったり、海にいるシサエビに似たエビでも釣れたことあります。

サンマの臓物和え(eel manさんより)

eel man@サンマ党 (2004/1/20)

上○屋の大ミミズ『大関』

アプサラス - 2004/08/10(Tue)

商品名は『大関』というやつで、太さはタバコくらい、長さは10〜15センチくらいで、断面は円形ではなく、少し平べったくなってい

ました。ただ、600円位するのに、10匹も入っていないのが難点ですが。

けんけんさんより

ナマコがうなぎのお腹に入っていた。

マテ貝

トモエさんより...実績あり

かんたろうみみず(シーボルトミミズ)

管理人『うなわのふ〜』より

その他エサになると思われるもの

おたまじゃくし、とんぼのヤゴ、かぶとむしの幼虫 うじむし、

  


うな輪に戻る