「うな輪」版「天然鰻図鑑」

うな輪で釣れた(捕れた)貴重な

ヨーロッパうなぎ

Anguilla Anguilla(アンギラ アンギラ)

 

関西でヨーロッパ種発見? 投稿者:ジョコ 投稿日:2008/07/27(Sun) 21:08 No.1654

皆様、お久しぶりです。昨日、紀伊半島の河川に釣行しました。

山間部のダムと、その下の川で釣れたうなぎの内、2匹の尾びれに黒い縁取りがありません。

これってもしかして、ヨーロッパうなぎでしょうか?59センチの画像です。

 

もっと詳しくはここから

 

 

カツラ落下さん 投稿日:2008/07/10(Thu) 富山県

89cm、1690g、肥満度は2.4でした。時刻は23:45頃、餌は養殖鮎の切り身です。

 

詳しい写真はここから

 

フィッシャーマンさん(岐阜県) 2008/06/15(Sun)

第22回全国うな輪釣り大会で

85cm,1250g

 

過去に釣ったヨーロッパうなぎ 

鯉勝さん:2003/1/11名古屋付近の川

ヨーロッパうなぎでうな輪第一号です。

 

本日の釣果 投稿者:リアリ 投稿日:2004/10/23(Sat) 04:21 No.8743

久しぶりに出撃して来ました。外道ではモクズが一匹のみで鰻は70前後のが2匹でした。 う〜ん、まだ釣れますね。ポイントは止水で11時に連続で来ました。 2匹共、茶+アオが入っておりますが内1匹が大きなホクロを数箇所、頭から尻尾まで散りばめておりました。(変わり種とゆう程ではないと思いますが) 明日は違う河川の下見に行って来ます。 ねむねむ・・・

 

 

Re: 今日の釣果 リアリ - 2004/10/24(Sun) 17:38 No.8766

班が入ってはおりますが尻尾に黒が入っておりません。 他のと比べると尾鰭が大きいですね。もしやヨーロッパ???

 

 

 

ヨーロッパうなぎ?投稿者:うなわのふ〜@大会事務局 投稿日:2004/09/27(Mon) 20:28 No.8198

この写真は去年の10月25日トモエさんが丹後で釣り上げたうなぎです。

71センチ 670グラム肥満度1.87です。

尻尾に黒い輪郭が無いのでどうかな〜と思いました。金太郎さんどうでしょうか?

これからは下りの次はヨーロッパうなぎを釣りたいなあ〜とふと思うのあります。

 

  

Re: ヨーロッパうなぎ? トモエ@鰻釣道 - 2004/09/27(Mon) 20:59 No.8199

ハハッ 懐かしい、この鰻は確かに私が釣り上げた物です。

翌日友人達と食べたのですが、味に関して言えば特に違いはなかったように覚えています。

金太郎さん如何でしょうか?

 

Re: ヨーロッパうなぎ? 金太郎改め金時 - 2004/09/29(Wed) 07:31 No.8262

遅くなりました&おはようございます

完全なヨーロッパですね

鯉勝さんとトモエさんのこの画像は是非に図鑑に載せていただきたいです!!

その時、釣れた日時と川なのか湖なのかとか、上流なのか、下流なのか、などの地域の特定でなく、水の特徴を必ず載せていきたいですね。 そ

うすればヨーロッパ種の新しい環境が見えてくると思いますよ

 

Re: ヨーロッパうなぎ? かっぱ@すっぽん - 2004/09/29(Wed) 07:46 No.8264

 足柄山金太郎から「さかたのきんとき」へ御改名。御出世おめでとうございます。

十五年ほど前でしょうか、水温の低い山からの支流にどちらかと言えば多いように感じておりました。

 

Re: ヨーロッパうなぎ? トモエ@鰻釣道 - 2004/09/29(Wed) 10:03 No.8265

えぇ〜っっ! ヨーロッパうなぎですか〜?  驚きです。

これを釣った場所は汽水域でセイゴやアカエイがいるところです。

この日はこれ一本だけしか釣れませんでした、餌は青イソメで時間は午後10時ごろです。

となると丹後は日本種とヨーロッパ種が混在しているということですね。

丹後では昭和30年代に小規模の鰻養殖が行われていたと効いています。

もしくは島根県の宍道湖辺りからやって来たのか?

更に飛躍して考えると、近海での産卵が行われているなら不可能とされている交雑種の存在の可能性も・・・

クックック・・・面白いことになってきた・・・

Re: ヨーロッパうなぎ? 金時 - 2004/09/29(Wed) 10:39 No.8267

福岡もですか・・・確かに全国で居ない河川を探すほうが大変だと言っていました。15年前と言うと放流が原因ですね。(出世すると残業手当てが無いです・・・私の場合は半分趣味の為もともと無いですが)

丹後の事は残念ながら詳しい事はわかりませんが、周辺の有名河川ではかなり生息しているみたいですね。

日本で養殖が無くなった、大きな理由の一つですが成長が遅いんです。しかし放流から十数年経っていますので、これから釣れる奴は大型が多い

と思いますよ

 

Re: ヨーロッパうなぎ? うなわのふ〜@大会事務局 - 2004/09/29(Wed) 23:36 No.8288

 

次ぎの写真は今年6月14日に「山の物置」(九州)さんからダム湖で(放流うなぎ)釣ったうなぎです。70cm位800gです。

肥満度は2.33もあります。すご〜い!

これもヨーロッパうなぎのように見えます。

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? 金時 - 2004/09/30(Thu) 01:57 No.8295

>天然鰻図鑑にヨーロッパ種コーナーを設けます。

いいですね〜 是非お願い致します

確かにこのウナギもヨーロッパ種に見えますね

ただ鮮明な画像ではないのでハッキリとは言えませんが・・・

ふーさんに一票 pino - 2004/09/30(Thu) 03:57 No.8296

今晩は、3回目のカキコになります。

皆さんに刺激され毎日いらいらの日々を送っています。

私は基本的に中上流域でうなぎを狙っているため、すべてのうなさんがフィリピンへ帰ってしまっては困るのです。まぁ確かめるのは潜って本当にいるか確認すればいいわけですが、年内この時期に居れば間違いなく近場で産卵していると判断できる時期に確認してみようとは思っています。

今唯一皆さんに勝っている部分は水中のうなちゃんの表情を間近に見ていることでしょうか!(反論あるかな)

うなぎの中にも変わった性格の子が居てもおかしくは無いでしょう。実際に12月に釣れたケースもあるようですし・・・なので私は決して諦めません。早くご報告できるよう頑張る所存です。では おやすみなさい。ぴの

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? Guu - 2004/09/30(Thu) 11:58 No.8300

ふと思ったのですが、アメリカウナギの可能性もあるのでは?

外見ではほとんど見分けがつかず、系統的にジャポニカより遥かにヨーロッパ種に近縁です。(亜種レベルに近い)

しかも日本にシラスが持ち込まれたことも有るらしいです。(ヨーロッパ種よりは小数)

また、日本でも捕獲記録が数件あります。(実際、見分けがつかないため、ヨーロッパ種と思われ記録されていないケースも多いはず)

ヨーロッパウナギ(アメリカウナギかもしれない)という記述が無難そうです。

Re: ヨーロッパうなぎ? うなわのふ〜@大会事務局 - 2004/09/30(Thu) 12:49 No.8302

へえ〜〜〜!アメリカウナギ...?

見分け方がさっぱりわかりません。

みなさんの知識と知恵でこれから釣れる外来種と思われるうなぎを検証できたらと思います。

まずは鰻を釣ってデーター収集をと思っています。

GUUさんいろいろと忙しと思いますが.......よろしくです。 

Re: ヨーロッパうなぎ? 金時 - 2004/09/30(Thu) 14:38 No.8303

PINOさん始めまして〜

どこかで、誤解がありますね・・・ 下りでないウナギは川でも冬眠して残りますので

>年内この時期に居れば間違いなく近場で産卵していると判断できる時期に確認してみようとは思っています。<

という事はないでしょうね

Guuさん、流石です。

アメリカウナギとヨーロッパウナギの識別はDNA鑑定ぐらいでしか確かめられないです。(判別関数では識別できません)

ただ、今まで他の数種のシラスウナギも輸入されましたが、アメリカウナギ同様に、ヨーロッパ種とは比較にならないくらい少ないです

と言うのは、放流用はヨーロッパ種と考えて間違いないのですが、他の種は試験的な輸入や、詐欺的な輸入だけですので非常に少ないです

しかし、少ないながらも捕獲されているのも事実ですね

ふ〜さん、 てな具合で見分けはつきません

うな輪としては、尻尾の色素(黒い輪郭)にだけ注目するのがわかりやすいですね。短鰭型なども同様です

もし、さらに種の特定をするのなら、やはり研究機関で調べていただかなければなりません。その時は微力ですがお手伝いいたします

Re: ヨーロッパうなぎ? pino - 2004/09/30(Thu) 16:02 No.8304

金時さんアドバイスありがとうございます。

ということは産卵はやっぱりフィリピンの方でしか行われないという事ですか?

あるHPでこんなくだりを見つけました。

===================================================================

ウナギって言うのは、直径二センチぐらいに成長すればそんなに移動しないんだよ。だけど指くらいの太さになるまでのウナギが遡って来るんだで

な、人間が想像もつかない場所へ移動するんだよ。

===================================================================

どんな場所でも期待が持てるって訳ですね。ではでは  ぴの

 

Re: ヨーロッパうなぎ? 金時 - 2004/09/30(Thu) 16:27 No.8305

 

PINOさん

>ということは産卵はやっぱりフィリピンの方でしか行われないという事ですか?<

ここが、只今うな輪的にふ〜さんが注目している所なんですよね専門の先生達の考えはそうなんですが、ふ〜さん以外でも殆んどのウナギの漁師さんは「近場での産卵説」を思っています。

(これは、日本人以外のウナギ漁師さんも同じです)

Re: ヨーロッパうなぎ? Guu - 2004/09/30(Thu) 17:59 No.8306

例えば、もし近場で産卵をし、産卵場所が複数あると仮定すると、大変なことになります。

養鰻により、ほとんどの系統差異を絶滅させたということになります。

具体的にはオオウナギのように近場であっちこっちで産卵していると、A河川、B河川は別々の遺伝的系統差異が長い年月をかけてできてきます。(イワナやメダカで有名ですね)

これが放流や、養殖の脱走で天然水域にでてしまうと言うことは、違う系統同士の交雑が発生します。

本来亜種レベルでの相違があったかもしれないのが、交雑により絶滅という結果を既に招いている可能性が出てきます。ニホンバラタナゴやシナイモツゴと同じように人間の手による交雑絶滅ということになります。

人間はまた間違いを犯した・・・と言うことになります。この場合、既に見られなくなったウナギが存在するという事実と一致しますが、私自身は近場で産卵しているとは思っていません。

根拠として、今まで研究者が出してきたデータの他に、ライフエリアが狭いのならオオウナギのようにもっと分布が広いはずですし、抱卵した天然ウナギが見つかっているはず(たまたま未発見の可能性はすてきれませんが・・・)

産卵場所が1箇所かどうかは、疑問の余地があるところですが、DNAの差異からいって1箇所と思って良いかもしれません。

>専門の先生達の考えはそうなんですが、ふ〜さん以外でも殆んどのウナギの漁師さんは「近場での産卵説」を思っています。

これはシラスウナギまでしか知られていなかった頃の話では?昔はレプトケファレスとウナギは別種とされていました。そもそもレプトケファレスという名称自身が学名でした。

当然、漁師のみならず、河口でシラスウナギが取れたら、ウナギの産卵場所は、「その辺だお(安房弁)」となっていたのでは?と推測します。ウナギの子=シラスウナギで、ウナギの子=レプトケファレスでは無かった歴史的事実を考慮して考えなくてはいけないのではないでしょうか。

因みに私個人の考え方は、どちらとも結論付けていません。どっちの説をとっても反証の余地があるからです。今後の発見や研究に期待しています。

Re: ヨーロッパうなぎ? トモエ@鰻釣道 - 2004/09/30(Thu) 19:25 No.8307

いゃ〜 またまた白熱の議論が展開されていますね。

ヨーロッパだけやなくてアメリカもですか?

私個人としてはなんの権威も責任もない素人の特権で以下のような勝手でお気楽な仮説を立てています。

【産卵場所複数及び近海説】 全ての海域を調査し終えたのか極めて疑問。現在の学説では地元漁師の近海産卵説を否定するにはまだまだ調査不足の感が拭え切れない。

【交雑種存在説】学説では交雑種は存在しないとされているが、それはヨーロッパ種にはフィリピンへ向かうDNAが無いとされているから・・・ しかし近海で産卵しているなら話は別、鰻は極めて環境適応力が強いので「郷に入れば郷に従え」てなこともあるかも? 人間でも日本人の女が好きな白人男が多いし、又その逆もあるから鰻にもその可能性が・・・

【複数回産卵説】鮭は産卵後に力尽きて川の浅瀬で死んでいく姿を映像などでも見る機会が多いですが、産卵後の鰻に関してはそのような映像は見たことがないし、下りでも50cmぐらいの小さい物が存在します。こんな小さな鰻がたった一回の産卵で死んでしまうとは思えない。

下り鰻に対して、「落ち鰻」「登り鰻」の存在もあるのではないかと私は考えます。

余談ですが私の釣ったヨーロッパ鰻は、味に関して言えば完璧に「丹後のアオ」そのものでした。 餌や環境が同じなら味は遜色無くなるのでしょうか?

家内の友人がオーストラリア人と結婚してシドニーに在住してから10年になりますが、餌の関係か、すっかりオージー体型になっております。ま、私の仮説は「こうであったらいいな」とか「学説や定説がうな輪で覆されたら面白いな」とか「誰ぞ鰻に聞いたんかっ?」的な心理が多分に

ありますから、あんまり真剣にとらえんといて下さい。

Re: ヨーロッパうなぎ? 金時 - 2004/09/30(Thu) 20:43 No.8311

Guuさん

>これはシラスウナギまでしか知られていなかった頃の話では?

昔はレプトケファレスとウナギは別種とされていました。<いえ、いえ、現代の話しです。 

結局は、Guuさんの話とダブりますが、逆説的に卵巣ではなく成熟した「卵」を持ったウナギの話を漁師さんに説明し、そのようなウナギは取れない(見た事がない)話をすると、半分はうなずくのですが、彼らの目は信じていないように見えますね。そんな中、新しい仮説の漁師さんがいました

【女王ウナギ説】女王蜂のように、巨大なウナギが深海に居て、子供を産みつづける。

ですから、成長して河川に居るウナギはその子供達の一部で、殆んどの働きウナギは女王ウナギの為に働いていると私としては、返事ができなかったデス

Re: ヨーロッパうなぎ? トモエ@鰻釣道 - 2004/09/30(Thu) 21:54 No.8313

【女王ウナギ説】・・・実に面白いっ! 蜂も鰻も実にスタミナのあるという点ではよく似た生物です。アホか〜〜〜!と言われそうですが、私はこの仮説も支持したいと思います。

Re: ヨーロッパうなぎ? Guu - 2004/09/30(Thu) 23:13 No.8314

ウナギも釣れないので、ウナギ談義も面白いですねぇ皆さん、新説を披露して下さい。ウナ輪の知識総動員で、検証してみましょう。

>>結局は、Guuさんの話とダブりますが、逆説的に卵巣ではなく成熟した「卵」を持ったウナギの話を漁師さんに説明し、そのようなウナギは取れない(見た事がない)話をすると、半分はうなずくのですが、彼らの目は信じていないように見えますね。そうすると漁師さんの近海産卵説の根拠を聞いてみたいですね。意外に驚くような真実が出るかもしれません。また全ての海域を調査したわけではないというのは、私も同意権です。が、イコール近海産卵説が成り立つわけではないので、これは別に考えなくてはなりません。この場合、組み合わせは5パターン存在しますね。

1.従来の南洋海山エリアのみ

2.1の他に他のエリアも存在する

3.1,2を否定し、近海の1箇所

4.近海の複数エリア

5.どこででも

 

で、1箇所かどうかは、遺伝子の変異を見ればおよそ判るはずです。ただ、交雑がある場合は判らなくなります。では、交雑が可能かどうか?ヨーロッパ種とアメリカ種は、かなり近縁関係で、産卵場所が共にサルガッソー海域とダブりますので、生物的、物理的には可能のように思えますが、実際遺伝子解析をしたところ、完全な別種と判明しているので、おそらく交雑はありません。ではジャポニカはどうかというと、遺伝子的にはヨーロッパ種やアメリカ種とかなり離れた系統となります。遺伝子的には、見た目ほど近い存在ではないので、おそらく交雑はありません。人種の例をあげていますが、人間の場合は、コーカソイド、ニグロイド、モンゴロイドは、生物定義上別種ではありません。犬種とかと同じレベルです。従って、種間をまたいで交雑しているわけでは有りません。

複数回産卵説ですが、あっても良さそうな気もしますが、あえて否定的な意見を言うと、消化器官が消失することまでは確認ができているので、難しいかと思います。理由は2つです。一つは、片道も達成できない可能性があるからです。エネルギー摂取しないままの長旅になるので、日本に棲むジャポニカは大陸棚で死滅している可能性があります。よしんば産卵に参加できたとしても、戻ってくるエネルギーを確保するには消化器官の再生が必要となります。再生しないとは断言できないのですが、一時期としても消化器官を無くすには、非合理的なことなので、生物としてはスマートではないなと思えます。何か適当な理由があるかもしれませんが・・・。

もう一つの理由は、何度も産卵するには、遠洋で産卵するのは非効率的な行動のように思えます。但し、これも近海で産卵ができ、且つ消化器官の再生が可能であるならば覆せます。

新説【女王ウナギ説】ですが、びっくらこきました^^;;

エイリアンを彷彿させるこの新説ですが、魚類で社会形成をしている種は、思いつきません。せいぜいプライド(群れ)までが、進化上の限界かと思います。しかも卵巣が発達したクダリウナギの立場はどうなるんんでしょうね・・・目の前で漁師さんが真剣なまなざしで、この説を唱えたら私も反論できないと思います。はい。

 

Re: ヨーロッパうなぎ? きーたん - 2004/10/01(Fri) 05:06 No.8315

うなぎは本当に謎の多い魚なんですね・・・・。勉強になります。うなぎ初心者の私にはちょっと難題ですが、みなさんの意見を読ませて頂き、私なりの仮説をたててみました〜。見当違いならすみません.....。

1.産卵場所はきっとフィリピンの方(近海産卵はしない)

2.日本の天然うなぎは、殆どがフィリピン到達前に死亡(一応チャレンジはしてみるが遠いし.......。)

3.日本に棲む天然うなぎのご両親は、その殆どがフィリピン周辺の海うなぎか産卵場所から比較的近い場所で育ったうなぎ

4.女王うなぎはいない

と言うことにしておきます。複数回産卵説、交雑種存在説には手も足も出ません(泣)

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? うなわのふ〜 - 2004/10/01(Fri) 08:05 No.8316

 

 

 

 

うな輪は全国の釣り仲間の集りです。

全国のいろいろな情報や考え方を収集出来たらなあ〜と思っています。

ヨーロッパうなぎ情報、変ったうなぎ情報、タッシー情報、地元漁師さんのうなぎ情報...そのたいろいろ

それが間違っていても全然問題ありません、定説はそれはそれとして、いろいろと素人ながら考えて行けたらなあ〜と思っています。素人だから

言えるのだと思います。

 

去年タッシーのようなのが実際に釣れました。これは日本うなぎと言うことですが、亜種という事になれば、また面白い展開になるのではと思い

ます。

オーストラリアでは川か湾で産卵をしているというりぼんさんからの情報もありました。うな輪的には間違っていても良いから、こういう情報を

大切にしたいし信じて行きたいものだと考えます。

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? トモエ@鰻釣道 - 2004/10/01(Fri) 09:43 No.8318

 

 

 

 

ふ〜さん No.8316に若干の修正を加えさせていただきます。

>去年タッシーのようなのが→今年の5月です。

>オーストラリアでは川か湾→ニュージーランドです。

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? うなわのふ〜 - 2004/10/01(Fri) 10:27 No.8320

 

 

 

 

トモエさんえらい間違いだらけでした。

みなさ〜〜んすみません訂正してくださ〜い!

仕事中の書き込みはやっぱり....失敗だらけ.....なははは!

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? トモエ@鰻釣道 - 2004/10/02(Sat) 01:03 No.8328

 

 

 

 

丹後の漁師の話や、その他諸々の条件から私は近海産卵説と交雑種存在説を唱えていきたいと思います。というか、その仮説に基づいた目で釣っ

た鰻を観察してみます。

交雑種と疑わしき固体、例えば尾鰭の輪郭が極めて薄いようなものが釣れたら是非ともDNA鑑定をしてみたいと思います。

金時さん、その時は画像を送りますので、DNA鑑定の価値ありと思われたらよろしくお願いします。

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? リアリ - 2004/10/02(Sat) 01:18 No.8329

 

 

 

 

尾鰭の輪郭が極めて薄いようなもの

だけならかなり釣ったような気がします。

はっきり見てないので曖昧なんですが、尾だけでなく、背も薄かった記憶があります。

それと、過去の迷彩ですが尾や鰭が赤く、病的に見えましたが、あの後釣ったまだらも薄くですが鰭の輪郭付近に確実に赤が出ていました。 そ

やつは只今水槽にいますが、2,3週間で赤は消えました。

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? Guu - 2004/10/02(Sat) 01:55 No.8331

 

 

 

 

トモエさん

仮に交雑があったとしたら、尾鰭だけ見て判定すると、ととんだ間違いになります。

色が薄いなどの中間が発生するより、片方の形質だけ受け継ぐ可能性が高いです。

人で言うと、鼻は父親で目は母親似というのと同じで、パーツごとに一方の形質を受け継ぐかと思います。

尾鰭の先が黒くても、雑種ということになります。

従って、他の種間差異も見ていないと、せっかくの雑種をジャポニカと判断して、食べてしまうことになります。

只今、ジャポニカとアンギラ、マモラータの判定プログラムを金時さんの発案で作っていますので、それで判定をして見て、判定不能や尾鰭がジ

ャポニカなのに判定がヨーロッパだったり、その逆だったりした場合は、雑種の可能性があります。

と、言うことでもう少しお待ちください。

サンプルが無くてテストが出来ません。><

 

ここで皆さんのお力を借りたいと思います。

現在ウナギを確保しておられる方は、以下の数値を教えてください。

1.全長

2.吻端〜鰓元

3.背鰭基点〜肛門

4.肛門〜尾端

単位はミリでお願いします。

 

 

リアリさん

 

>>あの後釣ったまだらも薄くですが鰭の輪郭付近に確実に赤が出ていました。 そやつは只今水槽にいますが、2,3週間で赤は消えました。

 

毛細血管が浮き出ているような感じでしょうか?

私の釣ったものにも、たまに毛細血管が浮き出ている個体が居ます。原因は判りません。

もしそうなら、マダラ模様とは関係ないかもしれませんね。

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? 金時 - 2004/10/02(Sat) 10:09 No.8334

 

 

 

 

なるほど〜

今はオオウナギの稚魚(ボールペンぐらい)しか居ないので、判別に使えるように画像を撮りますね。

しかし、公表できるヨーロッパの画像がありません。

て言うか、今まで無作為に数百のサンプルをとりましたが、ヨーロッパが一匹しか確認できませんでした。

 

鰭が赤いウナギは99、9%病気です 健康なウナギにはどの種を見ても赤い鰭はいません。 ですから別種なら大発見になるのですが画像で見る

とやはり日本ウナギの病気でしょうね

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? 鯉勝 - 2004/10/02(Sat) 11:15 No.8335

 

 

 

 

>ふ〜さん! 皆さん

今年も、11月下旬から(寒鯉釣り)ポイントが有ります。そこでは、必ず1本は、ウナギが釣れます。また、釣れた場合デジカメで撮って画像を

保存します。

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? うなわのふ〜 - 2004/10/03(Sun) 05:47 No.8345

 

 

 

 

Guu さん金時さんいろいろいと大変ですが 判定プログラムよろしくです。

鯉勝さんヨーロッパうなぎの画像やデーターを集めて行きたいとおもっています。

よろしくお願いしま〜〜す。

 

うな輪ではみなさんが実際に釣ったり捕ったりしているので

そのままの真実のうなぎ情報なので貴重だと思います。

(たぶん今まで誰もやっていなかったのでは......?)

少しづつからでもどんな事でもいいですからいろいろなデーターを集めれればと思います。

御協力お願いしま〜〜す。

 

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? リアリ - 2004/10/04(Mon) 01:25 No.8361

 

 

 

 

なるほど、そうですと此処等の変わり種は病気に成り易いとゆう事になりますね。

 

Guuさん、水槽のちび鰻の中に毛細血管が浮き出ている奴がおります。 とゆうより、色素が薄く透けて見えてるんですが・・・。 体色は薄

黄色って感じですね。 尾の方なんかは強い光を当てると血管丸見え状態です。

 

それから1ヶ月は経つと思われるまだらの体色変化は今の所ありません。 後日捕った手長は2週間程で変化しました。

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? Guu - 2004/10/04(Mon) 18:23 No.8374

 

 

 

 

リアリさん

チビウナギの毛細血管は、物理的に肉層が薄いのと、色素沈着が安定していないので結構見えますよね。

 

いつも異論を唱えているようで申し訳ないのですが、血管が浮き出るのは、病気より精神状態の方が多いかと思います。

いわゆるアドレナリンがバンバン出ている状態です。

釣られたばかりの魚は当然、血圧が上がりますので、血管が浮きやすいかと思います。私のところでは1日も養生していれば収まります。

また、天然水域で感染症にかかった魚は、ナカナカ治癒しませんので、病気にかかった魚が餌食することは稀です。=釣れている物はほとんど健

康体(奇形除く)

 

マダラのウナギは是非、実物を見てみたいですね。先日サバ柄のウナギが釣れましたが、こいつらどういう因子で体色決めているんだ?と、かな

り興味があるところです。

マダラが傷などでなく、そのウナギ固有の体色ならば、非常に珍しいケースかと思います。(聞いたこと無いし)

ホルマリン漬けなどにして標本を取っておくと、後世にやくに立つかもしれませんが、変色してしまうので・・・

もし、気になるようでしたら、仮死状態にして鮮明な写真を取ってもらえれば、よわっちいコネがありますので、コネコネ経由で専門家に見ても

らうことも可能です。(ってか、実物見たい)

 

 

 

Re: ヨーロッパうなぎ? リアリ - 2004/10/05(Tue) 23:34 No.8381

 

いえいえ、Guuさんの理論は常に正しいと私は思いますよ。

 

つまりは変わり種に多い、鰭に赤が出るのは釣った後で、精神的な理由とゆう事と判断して宜しいんですね。

 

現在保有しているマダラは鰻図鑑に載っている奴ほど、色濃く班が出ていません。 金時さんの所のゴマと前回のマダラの中間程度って所です。

 

来年のオフ会の時にでも生きたまま持って差し上げますよ。

来年また釣れるかどうかは謎ですが;

 

 

 


戻る